HOME > 社会・環境への取り組み > スペシャルオリンピックス

スペシャルオリンピックス

スリーボンドはスペシャルオリンピックスを応援しています。

スペシャルオリンピックスのはじまり

スペシャルオリンピックスは1962年、故ケネディ大統領の妹ユニス・ケネディ・シュライパー夫人が自宅の庭を知的発達障がいのある人たちに開放して開いたデイキャンプが始まりです。

競技会は、1968年シカゴで開催された全米大会を機に、夏季世界大会が始まり、ついで1977年から冬季世界大会も行われるようになり、オリンピックと同じようにそれぞれ4 年毎に開催されています。

現在、170ヵ国以上で、約400万人のアスリートと100万人のボランティアが活動に参加しています。

スペシャルオリンピックスとは

知的発達障がいのある人たちに、日常的なスポーツトレーニングとその成果の発表の場である競技会を年間通じて提供し、社会参加を応援する国際的なスポーツ組織です。
スペシャルオリンピックスの活動は、多くの市民ボランティアによって支えられています。

スペシャルオリンピックスとスリーボンドの関わり

当社とスペシャルオリンピックス日本との出会いは、2004年の冬でした。
2005年スペシャルオリンピックス冬季世界大会(長野)に向け、知的発達障がい者のみで構成された撮影クルー「Believe(ビリーブ)」の撮影練習の場として、当社白馬保養所を提供しました。

それがきっかけとなり、スペシャルオリンピックスの活動を知り、当社社員がボランティア活動に参加するようになりました。
徐々にその活動が広がり、施設の提供、支援金の寄付、社員のボランティア活動への参加、チャリティイベントの実施など全社的にスペシャルオリンピックス日本への活動支援を行うようになりました。

スポーツボランティア活動(フロアホッケー)では、徐々に参加人数も増え、認定コーチを取得する社員も出始めました。

チャリティイベントとして、クリスマス時期には『チャリティ接着剤イベントin ランドマークプラザ』を実施しました。こちらは、500名以上の参加者を集め、多くの寄付金とスペシャルオリンピックス日本の活動を知って頂くことが出来ました。

またエール募金の支援として、ミサンガ作りを本社および各工場で実施、『ThreeBond presents 釜本サッカースクール』参加者にも協力を仰ぎ、制作をしました。

「2010年第5回スペシャルオリンピックス日本 夏季ナショナルゲーム・大阪」に述べ111名の社員、「2012年第5回スペシャルオリンピックス日本冬季ナショナルゲーム・福島」には述べ60名の社員が大会スタッフとしてボランティア活動を実施しました。今後とも、当社に出来ることを積極的に支援していきます。

スペシャルオリンピックス公式サイトはこちら

社会・環境への取り組み