研究開発本部
電気開発二課

松井MATSUI

4年目 物質生命システム工学専攻修了

限られた時間の中で
いかに成果を出すことができるか

スリーボンドを選んだ
きっかけを教えてください
就職活動で数社のインターンシップを通じてものづくりの面白さを感じたことから、研究開発から商品化まで関わることが出来る企業を探していたときに出会ったのがスリーボンドです。私は大学院で高分子化学を専攻していたわけではありませんが、様々な接着剤の開発業務に携わることができることに魅力を感じ、入社を決めました。
業務内容を教えてください
配属当初は先輩の開発業務の補助をしながら、ガラス加工用接着剤の開発業務に携わりました。入社2年目からは開発担当者としていくつかの業務を任せていただき、今はスマートフォンやテレビなど電子機器、電子部品周りに使用される接着剤を開発しています。直接現場を見ないと分からないことも多いので、お客様のところに訪問することもあります。
仕事のやりがいを
教えてください
小売店などで自分が関わった接着剤が使用されている製品を見ると、嬉しい気持ちになりますね。電気電子市場の最新情報に触れられるのも面白いところです。毎年多くの新商品が発売される市場なので、案件によっては開発期間が短いものもあります。限られた時間の中で、いかに成果を出すことができるかを考えながら仕事をするのは、大変ながらもやりがいを感じます。
仕事上で辛かったこと、
嬉しかったことがあれば
新商品を初めて上市したのは3年目の春でした。商品が完成した時は本当嬉しかったですし、ホッとしました。商品化までに100個以上の試作品を作ったので。開発中、お客様のご要望が満たせない時期は辛かったですが、配合を本当に少しずつ変えて完成までこぎつけました。お客様から「これでラインが動かせる」などの声をいただき、達成感を感じました。
これからスリーボンドで
達成したいことは?
これからのスリーボンドの柱になるような製品を一つ作ってみたいです。
入社を考えている
学生の方に一言
スリーボンドでは、いろんな人がいろんな形でアドバイスやサポートをしてくれます。私も入社当初から数々の失敗をして課題にぶつかってきましたが、その度に周りの方々に助けていただいて今に至ります。難しいこともありますが、面白いことが多い会社だと思います。是非一緒に働きましょう。

インサート

一日の流れ一日の流れ

スケジュールスケジュール

国内外の営業担当や原料メーカーの方と新しい原料・材料についての打ち合わせを行っています。ミーティングが多く、配合実験を朝のうちに始めることで有効に時間を使うようにしています。

全身写真

インサート