F3 RESULT/REPORT
  • 英国F3
  • チーム
  • スケジュール
  • リサルト&リポート
  • フォトギャラリー
  • スリーボンドレーシングの歴史

History

スリーボンドレーシングの歴史

スリーボンドレーシングが全日本F3選手権への参戦を決めるにあたり、まずこだわったのが搭載エンジンです。当時、トヨタ-トムス、無限-ホンダなど、候補エンジンはあったものの、新参チームがベストなエンジンを手に入れることは非常に困難でした。そこで「ベストなエンジンが手に入らなければ自分たちで創ることはできないだろうか?」というチャレンジスピリッツに溢れる考えをもとに、ニッサンエンジンをベースにしたエンジンの自社開発に踏み切りました。こうして誕生した「THREEBOND NISSANエンジン」を搭載したマシンで、我々は2000年より全日本F3選手権に参戦しました。

初年度のドライバーには土屋武士を起用し、ほどなくして3位表彰台に立つという栄光を手にしました。翌2001年、井出有治をドライバーとしたスリーボンドレーシングは着実に入賞を重ねてランキング5位に躍りで、2002年には、富澤勝とともに選手権を戦いながら、さらなる飛躍を狙ってエンジンの開発、熟成を重ねていきました。そして、2003年の第7戦ツインリンクもてぎにおいて、パオロ・モンティンにより記念すべき初優勝がもたらされました。その年、モンティンはランキング2位を獲得。スリーボンドレーシングをトップチームの一角へと押し上げてくれました。

続く2004年、ブラジル人ドライバーのファビオ・カルボーンと柳田真孝の2台体制でシーズンフル参戦。チーム力の増強に務めた2005年には、横溝直輝とパオロ・モンティンという、優勝経験を持つ経験豊富なドライバーコンビを起用することでチーム史上最多となる6勝をマーク。チーム部門、エンジンチューナー部門の2部門でランキング2位という好成績を収めることとなりました。

2006年は更なる躍進を目指し、ファビオ・カルボーンがチームに復帰。菅生ラウンドで2勝を挙げランキング4位の成績を収めます。また、新たに起用したエストニア人ドライバー、マルコ・アスマーは、シーズン最終戦で国内初優勝。両者の活躍により国内有数のF3チームという地位を確固たるものとしました。

そして2007年、アスマーをエース(12号車)に、14号車にはFCJ(フォーミュラチャレンジ・ジャパン)で頭角を現した安田裕信を起用。ライバルチームと激しい争いを繰り広げました。

2008年は前年に引き続き安田裕信を起用し、第5戦雨の鈴鹿サーキットにおいて、見事ポール・トゥ・ウィンで初優勝を飾り、その後3戦連続で表彰台を獲得し、ドライバーランキング3位でシーズンを折り返しました。

2009年、引き続き安田裕信を起用し、新たに松岡エンジニアを迎え、大きな希望と共にシーズンに臨んだが、ハンコックタイヤの習熟や2戦連続のエンジンブロー等でコンスタントにポイントが稼げず年間ランキング5位という結果でシーズンを終えました。

2010年、抜群のレーシングスピリットを誇る関口雄飛を起用し。メカニックチームは最高峰の技術を持つスーパーアグリからSUPER-GTで2年連続初戦優勝した急成長中のエムケイカンパニーへ変更。革新的なチーム体制を築き、シリーズ2位という過去最高の成績を収めました。1位のトムスチームとの力の差は、歴然でもありましたが、後方からの果敢な追い上げや、シリーズを通して3回ファステスト・ラップを獲得するなど、存在感を大いに発揮しました。2011年、スーパーGTで成長を遂げた安田裕信をドライバーとして再び起用し、ドライバーランキング2位、チームランキング1位という過去最高の成績を収めました。最終戦で惜しくも1ポイント差で2位となったものの、改めてスリーボンドレーシングのポテンシャルの高さを証明することができました。

2012年、更なるステップアップを図るため、F3の中で最高峰のレースシリーズのひとつとされる英国F3にT-Sportと組み、「ThreeBond with T-Sport」として参戦しました。新人のNick McBRIDEを起用し、ドライバーランキング10位という成績を残しました。

2013年、より高いステージを目指し、F3 EUROPEAN CHAMPIONSHIP(ユーロF3)に参戦しました。シーズン半ばでwilliam Bullerがチームを離脱する事態が起きたものの、その後加入したAlexander Simsが活躍し、最終的にチームランキングは5位となりました。ThreeBond with T-Sportは、ヨーロッパ参戦2年目にして日本チームとしてその名を轟かせました。

2014年はレギュレーション変更に伴い、エンジンを新規設計し、ドライバーを若手に刷新してユーロF3にチャレンジしましたが、奮闘虚しくレギュラーシーズンのランキングは下位になりました。しかし、F3世界一決定戦・マカオグランプリでは、チーム史上初となる3位表彰台を獲得し、シーズンの締めくくりで最高の結果を残すことができました。

F3 画像 F3画像

spornser

URC zahren URC