HISTORYHISTORY

スリーボンドレーシングの歴史

明日のトップドライバーを目指す若手育成カテゴリーであるとともに、世界共通規則に則ったインターナショナルカテゴリーであるF3。そのF3とスリーボンドの関係は、2000年に日産の量産車用SR20DEエンジンをベーストし、東名エンジン、梅田チューニングショップの協力の下「スリーボンド・ニッサンエンジン」を開発、「スリーボンドレーシング」として全日本F3選手権に参戦を開始したことに端を発します。
参戦初年度の2000年はドライバーに土屋武士選手を起用。初のシーズンをランキング9位で終えると、翌年には井出有治選手をドライバーに擁し、ランキング5位を獲得。2002年の富澤勝選手を経て、2003年にはイタリア人ドライバーのパオロ・モンティン選手を起用して第7戦(ツインリンクもてぎ)で待望の初優勝を飾ると、翌第8戦でも見事連勝、ドライバーランキング2位と大きな躍進を果たしました。
さらに2004年にはファビオ・カルボーン選手と柳田真孝選手を起用し、本格的な2台体制を構築。2005年には横溝直輝選手、パオロ・モンティン選手という強力な布陣で年間6勝をマーク。チーム部門、エンジンチューナー部門でともにランキング2位を獲得するなど、トップチームとしての地位を確固たるものとしました。
以後、マルコ・アスマー選手、安田裕信選手らを起用し激闘の全日本F3選手権を戦ったチームは、2010年に関口雄飛選手を起用しドライバーランキング2位を獲得すると、2011年には安田裕信選手を再び起用し、最終戦までドライバーチャンピオンを争いました。惜しくもドライバーチャンピオンを逃したものの、念願だったチャンピオンの座をチームとして奪取しました。
この勢いを駆ってスリーボンドレーシングは、翌2012年よりイギリスのT-SPORTとジョイントし「THREEBOND WITH T-SPORT」として、ヨーロッパへと戦いの舞台を移すことになりました。
2012年、ニック・マクブライド選手を起用したTHREEBOND WITH T-SPORTはドライバーランキング10位を獲得。2013年はウィリアム・ブラー選手からアレキサンダー・シムス選手へとドライバーを交代しつつもチームランキング5位を手にしました。
2014年以降、量産エンジンをベースとするレギュレーションが撤廃されるなど大きなエンジン規定の変更を受け苦しい戦いとなりましたが、チームはF3世界一決定戦であるマカオグランプリでは2014年にニック・キャシディ選手を擁して3位、2016年には山下健太選手を起用して4位と着実な成果をあげ、5年間のヨーロッパ挑戦にひと区切りをつけ、2017年より全日本F3選手権に戦いの舞台を戻すことになりました。