女性活躍推進及び次世代法

女性活躍推進法及び次世代法に基づく一般事業主行動計画

株式会社スリーボンド

男女ともに全社員が活躍でき、仕事と家庭の両立ができる雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する。

1. 計画期間

2022年4月1日~2025年3月31日

2. 当社の課題

  1. 総合職における女性の割合が少ない。
  2. 女性社員の配属が偏っており、キャリア事例が画一されている。
  3. ライフイベントを境に離職する女性社員が多く、女性総合職の継続勤務年数が男性総合職に比べて低い。

3. 目標と取組内容

目標1 (職業生活に関する機会の提供に関する目標)

採用に占める女性比率に関して15%以上の維持・向上を図ると共に、多様なキャリア形成の創出支援を行う。

【取組内容】

●2022年

・採用方法の見直しや中途女性社員の積極的な採用を検討する。
・将来の働き方をイメージ出来るよう、学生および社内女性社員向けに両立事例等をホームページや社内報等に記載し、情報発信の強化を図る。
・管理職を対象に、女性活躍にかかわる研修を実施する。
・女性社員が少ない部門へのヒアリングを実施し、女性を配置する上での課題を把握する。

●2023年

・ヒアリング結果を基に、女性社員が活躍出来る新たな部署への配置を実施し、様々なキャリア事例の創出を行う。
・配置後の定期的なフォローアップ、ヒアリングを実施する。

●2024年

・インタビューやアンケートを実施し、実施事項の見直し、問題点の抽出を行う。
・問題点を反映させた運用を検討する。

目標2 (職業生活と家庭生活との両立に関する目標)

男女(総合職)の平均勤続年数の差異を50%以上にする。

【取組内容】

●2022年

・女性社員に対して、キャリア形成の一助となるような施策及び研修を検討する。
・管理職を対象に、女性活躍にかかわる研修を実施する。

●2023年

・長く働ける職場環境を醸成するため、制度の周知、見直しを行う。
・結婚、出産等のライフイベントに合わせて働けるような施策を立案し、取組を進める。

●2024年

・インタビューやアンケートを実施し、施策の見直し、問題点の抽出を行う。
・問題点を反映させた運用を検討する。

目標3 (次世代育成支援対策推進法に基づく目標)

職業生活と家庭生活の両立のための環境整備として、柔軟性のある働き方を検討する。

【取組内容】

●2022年

・各年代に応じた多様な働き方が実現できる制度を検討する。
・男性育児休業を取得、促進できるような制度を整備し、周知を行う。
・管理職を対象に、多様な働き方にかかわる研修を実施する。

●2023年

・検討した制度を試験的に運用する。
・男性社員の育児休業取得者及びその上司の体験談を社内で共有し、男性育児休業取得の推進を図る。

●2024年

・制度を利用した従業員に対して、定期的なヒアリングや座談会を実施し、施策の見直しを行う。
・ヒアリング結果を基に、問題点を反映させた運用を検討する。

4. 女性活躍に関する情報公開

男女の平均勤務年数の差異

項目 全体 総合職 一般職
女性の平均継続勤務年数 (A) 11.8 9.0 13.3
男性の平均継続勤務年数 (B) 17.3 18.7 8.1
男女の平均継続勤務年数の差異 (A/B) 68.2% 48.1% 164.2%

(2021年12月31日現在)

労働者に占める女性労働者の割合

雇用管理区分 正社員 有期雇用者
女性労働者の割合 22.6% 53.7%

(2021年12月31日現在)